個人事業主必見!青色申告で得られるメリットとは?!

白色申告との違いは?!

個人事業主の場合、毎年自分で確定申告をする必要があります。事業を始めて最初の内は利益が上がらないことも多く、節税などをあまり考えないかもしれません。例えば、事前申請の必要もなく簡単な帳簿だけで可能な白色申告でも、問題ないと感じるかもしれません。しかし事業が順調になってくると、毎年の治める税金の額も上がり、負担に感じるようになるかもしれません。白色申告と青色申告では控除額が異なり、白色申告では10万円の控除に対して、青色申告では65万円も所得から控除されることになります。その分税務署に収める税金の金額も減ることになり、これだけでも青色申告にしておくメリットを実感することができます。

青色申告にするためには?!

それではどのようにすれば青色申告にすることができるのでしょうか。まず白色申告との違いは、青色申告にするために「所得税の青色申告承認申請書」を最寄りの税務署に提出しなければなりません。「所得税の青色申告承認申請書」には提出期限があり、1月1日から1月15日の間に事業を始めた場合はその年の3月15日まで、1月16日以降に事業を始めた場合は2ヶ月以内になります。さらに、白色申告では簡単な帳簿の提出だけで良かったものが、青色申告の場合は自複式簿記での提出が義務付けられます。このように青色申告にするためには多少の手間がかかりますが、白色申告に比べて控除額が上がる他、赤字を3年間繰り越せたり家族への給料を経費として計上できたりなどのメリットがあります。

青色申告とは、複式簿記の方法を基準として帳簿の記載を行い、その帳簿の記帳から年間の所得や所得税を計算して申告することです。