プライバシーはどう守る?うまくコントロールできる?

SNS本来の楽しみ方

YouTube、FacebookやTwitter、インスタグラムなど、自分のオリジナルの投稿を世界に向けて発信し、それを仕事や商売に役立てて生計を立てている人も存在します。

でも、ほとんどの一般の人たちは、日々の生活の一部を投稿し、友達に近況を伝える事でコミュニケーションをとって楽しんでいる程度でしょう。

過去の投稿は思い出にもなり、遠くの友達も近くに感じる事もでき、使い方さえ間違わなければ、とても便利で楽しいツールなのです。

今も昔も変わらない人としてのモラル

現実社会においても昔から、友達、ご近所、地域などとの交流は当たり前にありました。お互いにプライバシーを守りながらも助け合って生活してきたのです。

SNSも基本は同じです。

自分は全てOKだけど、相手の人はどうか?一緒に写真に入っている友達は?

すべての人が自分と同じ感覚とは限りませんし、どの程度の認識かは確認してみないとわかりません。

いくらネット上のSNSになったところで、人としてのモラルは何も変わらないのです。相手の気持ちを思いやる事は、いくらSNSにおいても基本のモラルは変わらないのではないでしょうか?

プライバシーのコントロール

SNSは手軽すぎるあまりに、簡単に自分の事も他人の事も、公開出来てしまいます。

写真を加工したり、実名は載せない、自分の公開設定を制限したりと、手軽な反面、きちんと公開をコントロールする事もできます。

絶対に何も公開したくない人は最初からSNSはしませんが、なんとなく始めて無理解のまま投稿しいて、他人にまで迷惑をかけてしまう事にもなりかねないのです。

SNSを楽しむには、プライバシーを守るという事を重く受け止めるべき事でもあると思うのです。

機密文書の処理なら、専門の処理サービスがおすすめです。ダンボール箱ごと溶解処理するので情報が漏れず安心です。