起業を考えているあなたに教えたい大切なこと

まずは資金を貯めよう

あなたが起業を考えているなら、利益が出そうなアイデアについていろいろと構想を練っているかもしれません。さっそくそのアイデアを実現するために動き出したいところですが、手元の資金が潤沢ではない場合はまずは資金集めに励んでください。ここでの資金集めとは、借金を依頼する相手を探すということではなく、自力である程度の資金を貯めるという意味です。ビジネスの世界は厳しいですから、あなたのアイデアがうまく行くとは限りません。最終的には成功するとしても、一定期間は利益が出ずに苦しむこともよくあります。そのような時期でも普通に日常生活を送れるよう、ある程度の資金を貯めてください。一定額の貯蓄を用意することは、あなたに配偶者や子どもがいるなら欠かせない要素です。

小規模な事業から始めよう

自分のビジネス構想にどんなに自信があるとしても、まずは小規模な事業からスタートすることをおすすめします。たとえ自己資金が潤沢でも、お金を貸してくれる人がいるとしても、「最初の一歩」は小さくすることが大切です。小規模なビジネスで着実に利益をあげられないなら、規模を大きくしても状況が変わらない例がよくあります。また、仮にあなたのアイデアに不備があった場合、小規模な段階で路線変更(または撤退)すれば経済的・精神的な被害は最小限で済みます。小規模なビジネスでは生活に必要な金額を稼ぎにくいこともありますが、そんなときこそ貯蓄が役立ちますし、まずは副業のひとつとしてスタートするのも選択肢のひとつです。

フランチャイズとは、その会社の社員でなくともオーナーとして店を運営できることで、特にコンビニに多い仕組みです。