起業を考えてみよう…自営業にはチャレンジする価値がある

経営者の立場って大変

会社に勤めているという人はたくさんいますけど、サラリーマンをやりながらも、いつかは自営業を起業しようと考えてる人も多いのではないでしょうか。会社には大勢の人が働いていますから、まずルールを守って従わなければいけないというところがあります。それから人同士の関係も大切ですし、いわゆるコミュニケーションも重要になってきます。一方自営業者になれば、ルールを決めるのも自分ですから決まりを破ることないでしょう。ただ経営から製造、販売、営業などの全てを一人でこなさなければいけないので、大変といえば大変ですね。

アイディアは尽きることがない

サラリーマンをやっていると上司からの指示がありますから、それを期日までにこなさなければいけないというプレッシャーがあります。やらされ感がある中で良いアイディアというのはなかなか思いつかないものですよ。自発的に自営業を始める場合は、何かしらのアイデアを持っているはずです。もちろん失敗する時もあるでしょうが、自分のアイデアが成功を収めた時ほど嬉しいことはありませんよ。雇われていても褒められればもちろん嬉しいですけど、自営業で上手くいった時の喜びには到底及ばないでしょうね。

ひらめきこそが需要につながる

自分なりに消費者が喜ぶようなものを集めて売るというのもいいですよ。このお店に来れば欲しいものが見つかる…そういうお店を作ればお客さんはたくさん来ます。品揃えがいいお店を作るだけでもオリジナリティがありますが、店舗を持っていればそこで自分が作ったものを売るなんていうこともできますよ。自営業にはひらめきを実現させる夢があります。そういったところに魅力を感じて、自営業に転職したという人は大勢いますからね。

自分の店を持ちたいと考えた時に、何も下地がないところから起業するのはハードルが高いものです。そこで、フランチャイズという手段を使えば、ノウハウを利用することができハードルも下がります。