じわじわと増加中!タクシードライバーに女性が向いている2つの理由とは!?

男性に比べて、仕事が丁寧!

TV番組をみていると、お笑い芸人さんのトークの中で、個性的なタクシードライバーさんの話をされることがよくありますよね?同じ場所をグルグルと回った後、「これが近道です」と断言された話に、腹を抱えて笑ったことがあります。これは芸人さんが面白話として、体験談を笑いに昇華していますが、いざ自分が経験したと考えると、結構キツイものがあります。

男性の豪快さというのは、時に人を元気にすることがありますが、仕事に関してはそれだけじゃやっていけません。なによりも求められるのは「丁寧さ」です。特にタクシードライバーはお客様を場所にお連れする仕事でもありながら、一種の接客業でもあります。後の笑い話にされるより、笑顔で「ありがとうございました」と笑ってくれる仕事が望まれるのです。

男性に比べて、安心感がある!

朝の通勤ラッシュ時、満員電車で移動する。職場が近いので歩いて移動する。車を持っている方は、音楽をかけながら仕事場に向かっていたりするのでしょうか?タクシーは日常の移動手段としては、意外と使われていません。夜、飲み会で遅くまで遊んでしまった時、終電を乗り過ごしてしまったためタクシーを使う。結婚式に出席する時にもお酒を飲んでしまうので、式場に向かう際にもタクシーを使ったりしますね。中でも、緊急時に使うことが多いのがタクシーです。代表としては、妊娠している女性が苦痛に耐えながら病院に向かう際、タクシーは出番になります。この時、運転手が女性だった場合、状況を理解できる同性として、妊婦さんはとてもリラックスできるそうです。まだ車いすで移動している方も、女性の物腰の柔らかさに安心を感じることが多いようです。

役員運転手は、安全運転第一の仕事です。役員の方のスケジュールに合わせて運転する必要がありますが、今までに培った運転技術を活かすこともできます。